彫金教室 エンジェルリングへ、ようこそ!

エンジェルリングは日本国内限定で考えると、プロジュエラーの多彩な技術や知識を、お教え出来る数少ない彫金教室の一つです。基本的な彫金技法(ハンドメイド)に始まって、より高度な手作り技術に石留め技術やワックスモデリングまで、更にジュエリー CAD に代表されるデジタル技術を用いたジュエリーデザインを含む、その活用方法まで幅広く学ぶ事が可能です。

生徒さんのご希望するコース単体での受講も、もちろん可能ですが、ハンドメイド(彫金&ワックス・モデリング)〜ジュエリー CAD まで全て含めますと月に四回なら1年半〜2年間、月に八回なら9ヶ月〜1年間で、各種専門学校の2〜3年間で学べる内容以上の事を学ぶ事も可能でして、そのコストパフォーマンスは、学費的には各種専門学校の1/5〜1/10程度と言う高いモノと成っております。

ハンドメイドやモノ作りが人気の昨今、数多くの作り手やクリエイター達がインターネットや展示会での販売に凌ぎを削っております。その状況は正に玉石混合な状況を示しておりますが、他者に抜きん出るには美意識を含むセンスとそれらを実際の形にする技術力が物を言いますので、ジュエリー制作の正しい知識や技術をお求めの方には、エンジェルリングは、お勧めの彫金教室です。

エンジェルリング代表 小椋 誠



++ エンジェルリング ブログ集 ++

 更新日:2016年5月11日

 更新日:2016年12月9日




+ Angel Ring News +

オグラです。(^^♪

一つ前の記事にてジュエリーやアクセサリー等のモノ作りつまり好きな事を仕事にするのは困難だと書きましたが、別のアプローチも有ります。それは収入としての仕事を安定確保しながらサイドビジネスとしてモノ作りを楽しみながら副収入を得る方法でして、実は過去にエンジェルリングに参加された人達の多くが、この方法で活動を継続されております。

言わば二束の草鞋で有りセミプロとも呼ばれておりますが、中々仕事と仕事の両立は難しい側面も有りますが、例えば一般的な主婦の方でも育児や家事の合い間を縫って、ジュエリーやアクセサリーを作られてまして、本業にすればどうしても様々なプレッシャーと向き合う結果と成りますがセミプロの場合は生活の保障が有ると言う前提の元での活動と成りますので、ある意味に於いては甘えが生じやすい環境では有りますが、違う側面から見れば肩の力が抜けた発想やデザインが世間には受け入れられる事も多々有りまして、既に仕事にお付の方々には最も合理的で比較的成功しやすい方法だと僕は思います。

「貴方もプロに成れます!」「ブランディングでブランドを持てます!」「起業のノウハウをお教えします。」などなど、スクール流行の昨今威勢の良いキャッチが見受けられますが、実際の所はどうなんでしょうか?エンジェルリングの場合を振り返って見れば、現在も含めて過去に所属したスタッフや生徒さん達の中には、人気の有るアクセサリーブランドのオーナー・デザイナーさんもおられますし、独自ブランドを立ち上げた人達も複数名、中には彫金教室を立ち上げて頑張っている人達もおりまして、実店舗(ショップ)を持たれた人達、宝飾業界へ職を得て働いている人達も何名かおられますが、過去17年間で起業された生徒さんは数名だけでして、独自ブランドを立ち上げたり起業する事は、不可能では有りませんが制作や販売を本業とするプロに成る事を含めて全体としての確率は低いと思います。

では何故に起業やブランディングが困難なのかを申しますと、「成功への方程式は存在しない。」の一言に付きまして、何故ならば、世の中に実在する多くの成功者さん達に聞くと、「ただただ自分のやりたい事をやりたい様に実行したら結果として成功しました。手記とかハウツー本に書いている事は全て後付けの理由です。」との意見が圧倒的多数でして、その人がその時その場所で物事を成功へ導いた事例も別の場所や状況によっては、まったく通用しない訳でして、それに対して、「失敗への方程式」なら実在しますので(笑)、その理由は長く成るので割愛しますけど、エンジェルリングでは逆に、「失敗し無い方法」ならアドバイスする事が可能です。

一般的な彫金教室を例に考えれば、4回のレッスンで、1万円〜1.5万円の講習費と成りますが、一回辺りの時間が2時間〜2時間半と短く入会金や手回りの工具の購入費、宝石やシルバーの材料代に、キャスト費用、消耗品等のコストを計算すれば、それなりの金額に成りますし、毎月の支払い金額が一定では無く宝石を数使ったり大きな物や重量の有る作品を作れば、当然にそのコストは跳ね上がります。それに対して、エンジェルリングでは全てを含むの税込価格で、一回辺りのレッスン時間も3時間半と長く成っておりますので、レッスンの進むスピードも速く一定期間を経過すると、結果としての費用対効果が高く成る傾向に有ります。

後、ワックスを主体とする他教室なら必ず派生するのが、キャスト費です。ワックス・モデリングの場合なら、短期間で複数の作品が完成しますので、5〜20グラム程度のシルバー作品を作ったとしたら、キャスト代金自体は、1グラム/200円程度ですが、それに宝石や、その他、送料、利益等の経費を加えますと、一つの作品に対して、2.000円〜5.000円のコストが派生すると思えます。それに対して、エンジェルリングでは、教室でお作りに成ったワックス作品の宝石、シルバー代含むキャスト代金も全て講習費に含まれておりますので、その部分だけを取り上げても生徒さんの負担の軽減にも成りますし、継続して通われている生徒さん達からも喜ばれております。

 

2016年の春から大手有名専門学校に通いながらエンジェルリングにも平行して通っていた男子生徒が、一年分の学費を支払い済みにも関わらず11月にて学校を退学し今後は、エンジェルリングだけで学ぶとの事です。その理由を尋ねたら、「学校が夏休みの間に一番に技術力が身に付いたから。」との事ですが(笑)、「これ以上、学校に通う時間が勿体無い。」とも仰ってました。

過去にも様々な学校を卒業された生徒さん達がカリキュラムに対応出来ない事例も有りまして疑問を感じておりましたが、初めて平行してお教えした結果。入学から半年以上が経過しても技術的に外せない事を含めて、ルーペの見方すら習っていない事実を知りまして、エンジェルリングが少人数(マンツーマン)に拘り今までお教えして来た内容に手前味噌に成りますが大いに自信を持ちました。


Copyright (C) angelring.net all right reserved.